【電験3種】独学での最短攻略は勉強法がすべて:今から間に合う電験三種独学最短勉強法

第三種電気主任技術者試験(電験3種)を独学で最短攻略するには【勉強法がすべて】なんです。受験の申込みだけで実際は試験を受けない方もいらっしゃいます。「どうせ受からないから……」もし、そうお考えであればこれに目を通してください。希望の光が見えてくるかもしれません。まだ間に合いますよ!

電気主任技術者と電気工事士

電気主任技術者と電気工事士の違い

電気工事士とは、ビル、工場、小規模店舗、住宅などの電気設備工事を行なうことが出来る資格です。第2種電気工事士は一般電気工作物、第2種電気工事士は、さらに最大電力500キロワット未満の自家用電気工作物まで行なうことが出来ます。

受験資格に制限はありませんので何方でも受験可能です。

電気主任技術者は電気工作物の保安の監督ができ、電気工事士は500キロワット以下(第2種は600ボルト以下)の受電設備の工事に従事できます。ざっくり言いますと、監督と選手の違いのようなものです。

よって電気主任技術者(電験3種など)を持っている方は、電気工事士の筆記試験は免除されます。

と言っても、難易度もかなり違ってきますし、その性格上、電気工事士を取得してから電気主任技術者を目指す方が多いと思います。

電気工事士のキャリアアップとしての「電気主任技術者」というわけですね。

電気主任技術者への最短勉強法はトップページのものがオススメです。

こちらもあわせてお読みください

Page Top